小陰唇の大きさ、左右差などをバランスのよい大きさと美しい形に整えます。V字型切開により自然な仕上がりでコンプレックスを改善します。

小陰唇縮小とは

小陰唇の形や色のお悩みは女性器の中でも一番多くあります。
小陰唇とは大陰唇の内側に接している左右一対のヒダの事です。人によって形や大きさも違いますが、大きくはみ出し下着にこすれて痛みがある場合は大きいと言えます。小陰唇が肥大していると摩擦で黒ずんだり、恥垢が溜まりやすくニオイの原因になることもあります。

小陰唇縮小術は小陰唇の余分な組織を部分的に切除して縫合する手術です。トラブルの原因になっている部分を取り除くことで、バランスのよい大きさと美しい形に整えます。同時に色素の濃い外側の部分を切除することで色調や印象を変えることも可能で、衛生面の改善にも繋がります。
小陰唇は粘膜状の組織のため回復が早く傷跡が目立たずパートナーに気づかれることはありません。また、小陰唇に繋がる副皮も大きい場合は、小陰唇に合わせて余分なヒダを取り除くことで、よりバランスのとれたきれいな小陰唇になります。

婦人科形成はデリケートな部分のお悩みです。どのような状態であるかを女性の気持ちに寄り添いお応えしていますので、まずはお気軽にご相談下さい。手術前には大きさや形など患者様のご要望をしっかりと確認します。

このような方におすすめ

  • 小陰唇の大きさや左右非対称、黒ずみに悩んでいる
  • 下着を着けた時や自転車に乗る時に痛みを感じる
  • 汚れが溜まりやすくニオイが気になる
  • 尿が小陰唇にあたり排尿しづらい
  • 出産や加齢で昔より肥大している
  • パートナーに大きさや形などを指摘されたことがある
  • 将来の介護のために見た目を整えたい

自然な仕上がりのデザイン

小陰唇縮小術の従来の切除縫合ですと断面を平らにカットするため、縫合した端の部分は分厚く不自然になってしまう事があります。当院では断面をV字型にカットして縫合するため、より自然できれいな形になり傷跡も目立ちません。

平らにカットした場合

平らにカット

V字型カットの場合

V字型カット

小陰唇縮小の特徴

V字型カットで自然な仕上がり

断面を平らではなくV字型カットにすることでより自然に仕上がります。

手術中の痛みもほとんどありません

局所麻酔を行いますので、手術中の痛みがほとんどありません。

傷跡が目立ちにくい

粘膜状組織のため傷の回復が早く、丁寧な縫合で傷が目立ちにくくなります。吸収糸を使用するため抜糸の必要がありません。

副皮切除術

副皮とは小陰唇と大陰唇の間にあるヒダ状の皮膚のことで、全くない方や片方にだけある方、大きさや形も個人差があります。副皮があるとヒダ状の皮膚の間に垢がたまりやすく、ニオイや炎症の原因になる場合があるため、副皮を切除することで衛生面の改善に繋がります。

また、小陰唇と繋がっているため、小陰唇を縮小するためには副皮も一緒に切除する必要がある場合も多く、小陰唇縮小術と同時に行うことがほとんどです。

副皮切除術

料金

小陰唇縮小術 片側 110,000円
両側 198,000円
副皮切除術 片側 110,000円
両側 198,000円
小陰唇縮小術+副皮切除術 片側 198,000円
両側 330,000円

※局所麻酔・処置代・お薬代として33,000円が別途必要です。
※価格は全て税込表示になります。