ピコレーザー除去法とは

刺青やタトゥーは近年ファッションの一部として、とても身近になりました。
しかし、まだまだ日本では歴史や偏見から受け入れない事が多いのが現状です。

  • 温泉やプール、サウナなどの公共施設に入れないことが多い
  • 一部のスポーツジムに入会を断られることがある
  • 結婚相手の両親に反対されてしまうことがある
  • 生命保険への加入が難しくなる可能性がある
  • 半袖やタンクトップの服が着れない

などのお悩みから就職や結婚、出産などを機にライフスタイルが変わる中で「消したい」と思う方も増えています。

当院で導入しているピコレーザーは衝撃波によって皮膚に染み込んだインク粒子を粉々に破壊し、分解して刺青やタトゥーを除去するレーザー機器を使用しております。

今までタトゥーのレーザー治療はQスイッチヤグレーザーが主流でした。
レーザー治療は、ある一定の量の光をどれくらいの時間で皮膚に照射するかで効果が変わってきます。Qスイッチヤグレーザーはナノ秒という単位でレーザーを照射していましたが、ピコレーザーはナノ秒の1000分の1のピコ秒でレーザーを照射します。これにより今まで反応しにくかった様々な色素に反応し、微粒子単位でインクを破壊し分解します。

ピコレーザー エンライトン

ピコレーザーの原理

ピコレーザーは2種類のパルス幅(レーザー照射時間)を使用するため、さらに小さなインク粒子も破壊する事ができます。そのため治療の難しかったカラーの刺青も以前より約半分の回数で早く消す事が可能です。

ピコレーザーの原理

レーザーを照射すると熱が発生し、その熱が周囲の組織に影響を与えて痛みが発生します。照射時間が長いほど熱が発生し痛みが大きくなりますが、ピコレーザーはピコ秒という非常に短い時間のレーザー照射のため、従来のレーザーに比べて周囲の組織への熱影響を非常に少なく抑えることができます。

ピコレーザー除去法の特徴

痛みが少ない

ピコ秒という短いパルス幅で照射するので、熱影響が少なく治療時の痛みを極力抑えることが可能です。

マルチカラーにも対応

ピコレーザーの使用で、単色のみでなくカラフルなタトゥーにも対応できます。

少ない回数

インクを細かく破壊し分解することで、体外へ排出しやすくなり従来の照射回数の約半分で除去することが可能です。

※医師の診察により、ピコレーザー除去法以外の治療をご案内する場合があります。

症例

タトゥー除去 ピコレーザー症例

照射回数:2回
リスク・副作用:かさぶた、水疱、かゆみ、色素沈着、瘢痕
料金:合計44,000円(税込)、通常1回22,000円(税込)

タトゥー除去 ピコレーザー症例

照射回数:3回
リスク・副作用:かさぶた、水疱、かゆみ、色素沈着、瘢痕
料金:合計132,000円(税込)、通常1回44,000円(税込)

タトゥー除去 ピコレーザー症例

照射回数:4回
リスク・副作用:かさぶた、水疱、かゆみ、色素沈着、瘢痕
料金:合計132,000円(税込)、通常1回33,000円(税込)

タトゥー除去 ピコレーザー症例

照射回数:4回
リスク・副作用:かさぶた、水疱、かゆみ、色素沈着、瘢痕
料金:合計88,000円(税込)、通常1回22,000円(税込)

タトゥー除去 ピコレーザー症例Before タトゥー除去 ピコレーザー症例After

照射回数:5回
リスク・副作用:かさぶた、水疱、かゆみ、色素沈着、瘢痕
料金:合計220,000円(税込)、通常1回44,000円(税込)

治療の経過

レーザー照射部位には、かさぶたができますが7~10日ほどで自然に剥がれます。
約2ヶ月は間隔をあけて再度レーザーを照射します。必要な照射回数は個人差があり、治療期間中の日焼けは避けていただいております。

料金

1cm²未満 5,500円
1~5cm² 11,000円
6~10cm² 22,000円
11~30cm² 44,000円
31~50cm² 55,000円
51~100cm² 88,000円
101~150cm² (目安:ハガキサイズ) 99,000円

※1回あたりの料金です。
※価格は全て税込表示になります。

タトゥー除去 ピコレーザーの料金

例:縦2cm×横8cmのタトゥーの場合
2cm×8cm=16cm² 44,000円(1回の料金)